収益物件の魅力|安定した経営をするための情報サイト

集合住宅

物件買うなら知っておこう

集合住宅

維持することが大事

副業を探している人におすすめなのが収益物件であり、これはマンションやアパートを購入して運営するのです。入居者から家賃をもらうことによって収益を出すことができるので、ほとんど労働する事なくお金儲けをする事ができます。収益物件を運営するときに知っておくと良いのが建物の耐久性であり、定期的にメンテナンスをしないといけないのです。これを大規模修繕工事と言い、だいたい20年くらいに1回行う事になります。非常に高額な金額が必要になるのでその日までにお金を貯めておく必要があるのです。地震などが発生すると倒壊の恐れがあります。そうなると資産を失うことになるので、この作業は必須の事になるのです。大規模修繕工事も想定して収益物件を購入するといいでしょう。

減価償却で税金対策

収益物件を購入した時には結構な税金を支払う事になります。しかし減価償却費を計上する事によって税金を抑える事ができるのです。減価償却とは消耗品に付けられているもので、収益物件の場合は建物の金額を減価償却費として計上する事が可能となっています。ちなみに土地の価格は該当しないので覚えておきましょう。減価償却費の計算は取得価額と償却率を掛けると出てきます。これは定額法を使うと簡単に出す事が可能です。取得価格と耐用年数を割って毎年均等になるように配分していきます。建物の耐用年数が多ければ多いほど減価償却費として計上できる期間が長くなるのです。これにより長期にわたり節税する事ができる仕組みになっています。