収益物件の魅力|安定した経営をするための情報サイト

金髪の女性

借入金に気を付けよう

グラフ

借入をして収益物件を購入する際にはキャッシュフローに気を付けましょう。あまりに多額の借入をすると、キャッシュフローが回らず、支払に行き詰るケースもあります。収益物件の販売価格の半分程度を借入額の目安としておきましょう。

More...

物件買うなら知っておこう

集合住宅

収益物件は大規模修繕工事をして建物を維持しないといけないので、覚えておきましょう。マンションやアパートを買った時には耐用年数によって税金を節税する事ができるのです。減価償却費として計上できるのですが、これは耐用年数が多いとその分長く節税できます。

More...

市況はまだまだ熱いです

模型と電卓

多様化してきました

一言に不動産投資と言ってもその投資手段は多様化してきました。一般的には中古ワンルームマンションや1棟アパートで投資をすることを指しますが、最近ではオフィスビルのワンフロアを買って運用する投資家も登場してきました。さらには、既存の中古ワンルームマンションや1棟アパートを宿泊施設として貸し出すという新たなサービスを行う不動産投資家も登場しました。人口減少が見込まれている中で、収益物件による不動産投資は頭打ちになると考えられてきましたが、都市の二極化、外国人旅行客数の増加を背景に不動産市場は更に盛り上がりを見せてきており、これに続くように収益物件を保有しようとするサラリーマンやOLも次第に増えてきました。

マイナス幅が拡大します

マイナス金利の導入も不動産投資には大きく影響しています。収益物件を購入する際に借入をすることも多いですが、マイナス金利の導入により、この借入金利がじわじわと下がってきているのです。最近では、収益物件を購入するためのローン金利が1%を切ることも珍しくなくなってきました。金融コストが削減できれば、その分、投資家の手元に残るキャッシュは増えます。収益物件の販売価格が上昇していても、コストが下がっているため、販売価格上昇分ほどには収益が悪化しているわけではないのです。マイナス金利の導入は始まったばかりですが、今後はマイナス幅を拡大するなどの措置が取られる可能性もあります。今後もしばらくは不動産市場に追い風が吹くものと見込まれています。

失敗を避ける方法

硬貨と模型

不動産投資会社を厳選することで、不動産投資で成功することが可能です。収益物件を購入する際には、資金計画の内容と入居率の実績で不動産投資会社を選ぶようにしましょう。2つのポイントを確認することで、不動産投資で資産形成を行えます。

More...